トップページ > 事業内容 > 今、なぜ新聞折込広告か?

事業内容

今、なぜ新聞折込広告か?

消費者の基本プロセスはAIDMA

AIDMAイメージ画像

消費者が商品を認知してから購入するまでの経緯として「AIDMA (あいどま)」というプロセスがある。おおむね万人に当てはまる事から幅広い分野のプロモーションに活用、応用され、販売戦略を練る上ではセオリーとなっている。
これから広告に携わるという方は、絶対に覚えておいていただきたい。

  • A=Attention : 注目 (認知)。
  • I=Interest : 興味 (更に詳しく知りたくなる)。
  • D=Desire : 欲求 (欲しくなる)。
  • M=Memory : 記憶 (商品を覚える)。
  • A=Action : 行動 (購入)。

例) カーナビ

  1. 注目:雑誌やテレビ、店頭などいろいろな所でカーナビを見かける様になった。
  2. 興味:友人からカーナビは便利だと話しを聞かされた。
  3. 欲求:通販番組で「○× 社製の新型カーナビ」を詳しくを紹介していた。
  4. 記憶:購入するなら使い勝手の良い「○×社製の新型カーナビ」が良いな!(商品を記憶)
  5. 記憶:折込チラシで「○×社製の新型カーナビ」が売り出されていた。(販売店を記憶)
  6. 購入:お店に見に行き、店員さんもイチオシとの事!親切な説明で不安要素も解消された。

Attention まずは知ってもらう事から始まる

Attention

注目のキッカケは、お店から消費者へのアプローチから始まる。お店や商品の存在を知らなければ、興味どころか購入は不可能である。まずは「あそこにお店がOPENしたのか!」、「こんな新商品があるのか!」と消費者に知らせる事が注目への第一歩となる。

Interest 「興味」は、流行や旬を取り入れる

Interest

商品には「旬」のある商品が数多くあります。
クリスマスの時期にはケーキが売れ、季節の変わり目には衣類が売れる。そういった商品固有の 「旬」 の時期は、 “メディア”や”ちまた”でも話題に上り易い為、普段よりも注目度が増し、消費者の興味も高いといえます。
消費者が興味を持ちやすい商材をチラシ紙面に取り上げる事で、記憶→来店へとつなげる。更に、その商材に独自のサービスや工夫を取り入れ、オンリーワンの商品とする事が出来れば、競合優位性も生まれてきます。
消費者が興味を持っているその瞬間に広告を用いて接触を図り、無駄なく集客へつなげる事が 効率よく反響を伸ばすコツとなります。

Desire 「欲求」はターゲット層を意識する

Desire

興味を持ってくれたお客様を、更に「欲しい」と思わせるには、ターゲット層に合わせたプロモーションが不可欠です。 同じ商品のPRにしてもターゲット層が違えば当然、広告の印象をかえる必要があります。例えば携帯電話の場合、若者は機能やデザインを重視して選びます。しかし年配の方は使い勝手を重視する傾向にあり、使わない機能はむしろ付いていない方が良いという方もいるほどです。ターゲット層が異なると商品に求められる本質が変わる事もありますので、その場合はキャッチコピーや商品の利用提案などを変え、ターゲットがより興味を抱きやすい内容にしていきます。

Memory 「記憶」はチラシの特性を最大限に利用する

Memory

集客の要「記憶」。
チラシを見てもお店の場所が判りづらかったり、駐車場の有無が不明慮では、せっかくのお客様を逃してしまいます。
テレビやラジオと違い、チラシは紙で記録を残す事が出来る優れた媒体です。お店の場所は住所だけでなく、地図や近隣の目印も記載して判り易く伝えるように心掛けてください。商品も写真を併記したり、他社には負けないと自負できる商品の場合は、「○○といえば、スーパー××」 の様に独自のキャッチフレーズを作って周知を図るのも良いでしょう。チラシだからこそ出来るこの特徴を存分に利用し、可能な限り詳しく、判り易く、覚えやすく表示しましょう。
また、持ち歩けるのもチラシ(紙)の利点です。お客様からチラシの商品がについて説明を求められる場合もありますので、 広告に掲載の商品は、従業員に周知させておく必要があります。

Action 最終段階の購入では終わらない?

Action

消費者の基本プロセスの最終が購入です。
いわゆるこのプロセスを、新聞折込も含まれる広告三媒体(新聞・テレビ・ラジオ)と呼ばれる世界では最終形とされていたのですが、しかし、昨今の消費プロセスはここからが違うとされいます。インターネットの普及によりソーシャルメディアと言われるSNSや口コミサイトを見逃してはいけません。2004年に電通が提唱している「AISAS」という考え方が参考になります。媒体の中でもインターネットを避けて通ることが出来ない現代

  • A=Attention : 注目 (認知)。
  • I=Interest : 興味 (更に詳しく知りたくなる)。
  • D=Desire : 欲求 (欲しくなる)。
  • M=Memory : 記憶 (商品を覚える)。
  • A=Action : 行動 (購入)。

が、消費者プロセスというものです。
アクションまでで終わりではなく、消費者に商品をネット上で評価していただくことは、広告にとって、とても重要なことになっています。全く興味のない方にも、地域と言う共通点だけで告知ができる新聞折込では、工夫次第でいろいろな集客に繋がるヒントが沢山潜んでいるのです。